アレルギー検査 | 健診会東京メディカルクリニック

人間ドック・健診
画像診断センター
MENU

診断について

その他

アレルギー検査

View39 アレルギー検査39種類セット

当院では一度の少量採血で39種類のアレルゲンが調べられる『View39』検査を行っています。室内塵や花粉、食品表示義務7品目を含むアレルギー性疾患の主要な原因アレルゲンが網羅されています。
問診で原因アレルゲンを推定できない方、鼻炎や花粉症の方などのスクリーニング検査としてもとても有用な検査です。

『View39』検査項目

『View39』検査項目

『View39』検査項目

そもそも「アレルギー」とは?

私たちの体には、外から入ってきた異物を排除しようとする「免疫」という機能が備わっています。「免疫」は、細菌やウイルスから体を守ってくれる大切な仕組みです。ところが、ときとしてこの「免疫」が過剰に働き、食べ物やホコリ・花粉など、身の回りにあって通常は体に害のないものにまで反応してしまうことがあります。そして、かえって体に害を起こしてしまうのです。これがアレルギーです。アレルギーを起こしやすい体質は遺伝する傾向があり、ご家族にアレルギーの方がいるとお子様にアレルギーが起きる可能性が少し高くなります。

アレルギーで起こる病気にはどんなものがあるの?

ぜんそく/長引く咳

気道が狭くなり呼吸が妨げられ「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」という音をともなう呼吸障害や慢性的な咳が特徴です。進行するとさらに過敏になり、ちょっとした刺激でも発作が起きやすくなります。

アトピー性皮膚炎

皮膚にかゆみをともなう湿疹がみられ、良くなったり悪くなったりを繰り返します。夏の汗や日差し、冬の乾燥など季節の影響を受けて症状は変化します。掻くことによって症状は悪化します。

アレルギー性鼻炎/アレルギー性結膜炎

くしゃみ・鼻水・鼻づまり、目のかゆみ・充血などの症状を引き起こします。スギ花粉症に限らず、秋に好発するキク科花粉症、ダニを主成分とするハウスダストによる通年性のものなど、原因アレルゲン・季節により様々です。近年では発症が低年齢化しています。

食物アレルギー

食べ物が原因となって引き起こされるアレルギーです。主な症状として発疹・じんましんなどの皮膚症状、お腹が痛くなるなどの消化器症状、「ゼイゼイ」するなどの呼吸器症状があります。

PFAS(花粉関連食物アレルギー症候群)

果物や野菜を食べることで口・唇・喉などの口腔粘膜やその周辺にピリピリ・イガイガ感が起きます。PFASの原因食物として、例えばキウイやリンゴがあります。多くは花粉症と合併しており、原因食物と同時に花粉の回避も重要です。(お子様は口腔粘膜の症状を表現できずに、食べたがらないことがあります。ただの好き嫌いではないかもしれません。)

PFAS(花粉関連食物アレルギー症候群)

原因を知ること、それがアレルギー治療の第一歩です

アレルギー性疾患の治療は原因アレルゲンを正確に特定することが重要です。ぜんそく・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎/アレルギー性結膜炎では薬物療法と原因アレルゲンの除去・回避(セルフケア)、食物アレルギーでは原因食物を食べないこと(食物除去)が原則となります。原因アレルゲンとの接触が続けばアレルギー症状が慢性化して治療が困難になっていきます。原因アレルゲンを特定することで、注意しなければいけない季節、最小限除去しなければいけない食物などがわかり、生活への負担も軽減されます。

医師による正確な診断を受けましょう

血液検査が陽性でもそれが原因アレルゲンでない場合もあります。特に食物ではそのような場合があります。陽性になったもの全てを除去することは患者さんやご家族の負担が大きくなります。不要な除去を防ぐためにも、医師による正確な診断を受けましょう。

お問い合わせ

TEL:03-3910-3438

健診会 東京メディカルクリニック
〒114-0023 東京都北区滝野川6-14-9東京先端医療モールビル内

診療についてClinic

診療受付時間

月~金

午前 8:45~11:15
午後 13:45~17:00
夜間 17:30~19:30※

※水曜日は夜間診療を行っていません。

土・日

午前 8:45~11:15
午後 13:45~16:30

診療開始時間

午前 9:00~
午後 14:00~
夜間 18:00~

お問い合わせ

03-3910-3438

ページトップへもどる