肝機能の数値の異常・肝機能障害、精密検査について 健診会 東京メディカルクリニック

人間ドック・健診
画像診断センター
MENU

診断について

その他

健康診断における肝機能の数値の異常と肝機能障害

はじめに

皆さん、健康診断で肝機能が異常で要精査と記載されていることはないでしょうか。
肝機能異常は、健康診断で指摘されることが比較的多い異常です。
特に、γGTPが高いと「お酒のせいだろう」と考えて病院を受診しない方もいるかもしれません。
しかし、医師は肝機能検査の結果からいろんな病気を考えて検査をしていきます。
健康診断はただ受けるだけではなく、異常が見つかった時に適切な対策を行うことが重要です。
生活習慣病やがんなどの病気は発症したとしてもすぐに症状が現れるわけではありません。肝機能障害は脂肪肝や肝硬変度の他の病気にも進展してします可能性がありますので、できるだけ早く治療を開始するには、症状が現れる前の早い段階で病気を発見することが大切です。
そこで今回は、中年以降に現れやすい「肝機能」の異常について詳しく解説します。健康診断で肝機能の数値に異常があった方はぜひ参考にしてください。

肝臓の働き

タンパク質の合成と栄養の貯留

私たちは身体に必要な栄養素やエネルギーを確保するために飲食をしています。
飲食による栄養素は胃から腸へ流れていく過程で分解されて、胃や腸の壁から血液中に吸収された栄養素の多くは肝臓に運ばれて蓄えられます。こうして貯蓄された栄養素は必要に応じて分解され、エネルギーを作ったり、身体に必要なタンパク質を合成したりしています。
このため、肝臓の働きが悪くなると食事を摂っても栄養素やエネルギーを効率よく利用できなくなるため、慢性的な栄養不足になったり、「アルブミン」や「フィブリノーゲン」などのタンパク質が正常に作られなくなると、むくみが生じたり、出血しやすくなったりするなど全身に様々な影響が現れます。

解毒作用

肝臓には体内で生じた老廃物や飲食物・薬剤などに含まれる身体によくない物質を解毒する働きがあります。こうして肝臓で毒性の低いものに生まれ変わった有害物質は尿などと共に体外へ排出されていきます。
肝臓の働きが悪くなって十分な解毒作用が行われなくなると、体内に有害な物質がどんどん蓄積されます。結果として脳などの重要な臓器にダメージを与えることも少なくありません。

胆汁の生成・分泌

肝臓は、脂肪やタンパク質の消化に必要な「胆汁」と呼ばれる消化酵素を含む液体を生成・分泌する働きも担っています。このため、肝臓の働きが悪くなって胆汁が十分に生成されたり分泌されなくなったりすると、脂肪やタンパク質の消化や吸収が低下していきます。
また、胆汁には「ビリルビン」と呼ばれる色素が含まれており、肝臓の病気などで胆汁の流れが悪くなるとビリルビンが体内に蓄積し、皮膚や目が黄色くなる…といった「黄疸」と呼ばれる症状が現れます。

肝機能障害

原因

肝機能障害の主な原因は、B型・C型肝炎ウイルスによる肝炎や、アルコールの長期摂取によるアルコール性肝障害、薬剤の服用によって起こる薬物性肝障害、自己免疫の異常による自己免疫性肝障害などさまざまです。
また、多くはないですが、肝臓だけでなく胆汁の流れを悪くしてうっ滞させる、胆管のがん、膵臓がん、十二指腸にある胆管の出口のところにできるがん、胆管結石、原発性胆汁性胆管炎という免疫異常が原因の病気などでも、肝機能の異常値として現れることがあります。

ウイルス性肝炎

肝臓がウイルスに感染して炎症が起こる疾患です。肝炎を引き起こすウイルスには主にA型、B型、C型、E型の4種類がありますが、B型肝炎ウイルス(HBV)又はC型肝炎ウイルス(HCV)の場合がほとんどです。HBVは輸血や出産、注射針の使いまわし、性行為によって感染します。またHCVにおいては、輸血や血液製剤、入れ墨によって感染します。

アルコール性肝障害(アルコール性脂肪肝)

長期間にわたり過剰な飲酒をすることで肝臓に障害が起こる疾患です。エタノールを1日に男性は30g以上(ビール750ml、日本酒1合半相当)、女性は20g以上摂取すると、アルコール性肝障害を起こすことがあります。改善のためには禁酒や節酒が必要です。

脂肪肝・正常な肝臓

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)(非アルコール性脂肪肝)

飲酒を全くしていない人、又は少量しか飲まない人の肝臓に脂肪がたまる疾患です。NAFLDのうちの10%~20%は進行性の脂肪肝である非アルコール脂肪性肝炎(NASH)が占めます。多くの場合は肥満や糖尿病、脂質異常症、高血圧などの生活習慣病が原因となりますが、その他にもストレスや昼夜逆転の仕事、手術後の薬剤など様々な原因が考えられます。

薬物性肝障害

薬の副作用によって肝臓に障害が起こる疾患です。原因となる薬は抗生物質や解熱鎮痛剤、精神神経系薬、抗がん剤の場合が多いです。しかし、漢方薬や健康食品、サプリメントなどの病院で処方される薬以外でも起こりえます。

自己免疫性肝炎

免疫の異常が関連して肝臓に障害が起こる疾患です。発症する人は中年以降の女性が多いとされています。原因がはっきりしておらず、上記のような疾患の原因がはっきりしている肝機能障害を除いて診断されます。

健康診断で行う肝機能検査

肝臓は私たちが生きていくために欠かせない大切な働きを担う臓器です。一方で、全身を巡った老廃物や有害物質が行き着く場でもあるため多くのダメージを受けやすい臓器でもあります。
しかし、肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれるように、ダメージを受けて働きが悪化したばかりの頃はほとんど自覚できる症状は現れません。そのため、むくみや黄疸などの症状が現れたときにはもはや手遅れとなることも少なくないのです。
そこで肝臓の働きの状態を把握するのに必要なのが健康診断などの「血液検査」です。というのも、肝臓の機能障害は自覚症状がない場合でも血液検査の結果に反映されやすいからです。年齢を重ねると知らず知らずの内に肝臓に負担をかけていたということも少なくありませんので、1年に一度は血液検査で肝臓の状態をチェックしましょう。

ASTとALT

ASTとALTは肝臓の機能を調べるための代表的な検査項目です。いずれも肝臓の細胞で作られる酵素で、アミノ酸をつくる働きを持ちます。
肝臓に何らかのダメージが加わって細胞が破壊されると、血液中にこのASTとALTが大量に放出されるため、血中濃度が上昇します。このことから、ASTとALT濃度が上昇しているときは肝臓にダメージが生じ、働きが悪くなっていることが分かるのです。
なお、ALTの多くは肝臓の細胞に存在しますが、ASTは肝臓以外に筋肉や赤血球中にも存在します。このため、ALTが正常でASTのみが上昇している場合は肝臓の機能は保たれていると考えられます。
また、ALTの上昇の程度よりASTの方が高い場合は急性肝炎など肝臓の細胞に急激なダメージが生じていることが考えられます。
一方、ALTの上昇の方が大きい場合は、肝硬変や肝臓がん、脂肪肝、アルコール性肝炎など慢性的な肝臓へのダメージを引き起こす病気の存在が疑われます。

γ-GTP

γ-GTPはタンパク質を分解し、肝臓の解毒作用に関与する酵素の一つです。「胆汁」の通り道である胆道で生成され、肝臓で働いたのち、胆管を経て十二指腸へ排出されていきます。しかし、胆管結石やがんなどによって胆道が詰まると肝臓に必要量以上のγ-GTPが溜まり、やがて血液中へ放出されます。このようなことから、γ-GTPは肝臓の機能を評価できるだけでなく、胆管や胆のうなどの病気の有無も推測できる検査項目なのです。
したがって、肝臓および胆道系疾患のスクリーニングとしてよく用いられます。
またγ-GTPはアルコールに敏感に反応し、肝障害を起こしていなくても、普段からよくお酒を飲む人では数値が上昇します。ただし健康な人は、一時的にγ-GTPの数値が上昇しても、すぐにもとに戻るので、一定期間禁酒した後にγ-GTPの再検査をすれば、アルコールによる上昇か、肝臓や膵臓などの障害による上昇かの区別がつきます。
また最近では、アルコールに関係なく生じた非アルコール性脂肪性肝炎(アルコールに関係なく肝臓に中性脂肪がたまり、それが原因で起こった肝炎)でも、γ-GTP値が上昇することがわかってきました。

ALP

ALPはリン化合物と呼ばれる栄養素を分解する酵素です。肝臓や腎臓、腸、骨など全身の様々な場所で作られます。しかし、最終的には肝臓で処理されて胆汁の中に流れ込むため、胆石やがんなどで胆汁の流れ道である胆道の流れが悪くなるとALPが血液中に放出されるようになります。このことから、ALPは胆道の流れの良し悪しを推測する指標となるのです。
肝臓自体の細胞のダメージの大きさを示すASTやALTと共に検査を行うことで、肝機能以上の原因がどこにあるのか把握することができます。

総ビリルビン

ビリルビンは寿命を終えた赤血球が分解される際に生じる色素です。ビリルビンは肝臓に運ばれ、胆汁の中に流れ込んで体外へ排出されます。通常、血液中にビリルビンはほとんど存在しませんが、胆汁の通り道である胆道の流れが悪くなるとビリルビンが溜まり、血液中に放出されるようになります。
生まれつきビリルビン値が高くなる方もいますが、胆道の流れが悪くなったときばかりでなく肝硬変や肝臓がんなど肝臓や胆道の機能に大きなダメージを与える病気が進行すると血液中のビリルビン濃度が上昇していくのが特徴です。つまり、総ビリルビン値が上昇している方は特に注意が必要と考えましょう。

特に症状がないから自分は大丈夫と思っていても、健康診断で肝機能の数値に異常があった時は必ず病院で精密検査を受けるようにしましょう。
これまでに挙げたような肝臓の病気は、発症初期の段階では自覚症状がないことがほとんどです。病院でさらに詳しい検査を行い、治療が必要な病気なのか、日常生活の中でどのようなことに注意すればよいのか確認することが大切です。

肝機能の精密検査

軽度な肝機能の異常や脂肪肝だからと軽く見てそのままにしておくと、脂肪肝炎の場合は炎症が続くと肝硬変や肝臓がんへと進行することがあります。肝臓が硬くなるにつれて、肝臓の機能もだんだんなくなっていきます。そのうちに肝硬変の中に肝臓がんができてくるので、肝機能の数値に異常があれば、一度は受診して早期に精密検査を受けることが重要です。
当院では、健診などで肝機能に異常があった時に行われる精密検査には次のようなものがあります。

血液検査

肝炎ウィルスの有無の検査や、その他の肝機能の検査、胆嚢に異常がないかなどを血液検査でさらに詳しく調べることがあります。

腹部MRI検査(MRCP検査)

MRCP検査健診の血液検査やエコー検査で肝臓や胆のう、胆管などに病気があることが疑われた場合、さらなる精密検査として行われる検査です。
この検査を行うことで、肝臓や胆のう、胆管に器質的な疾患がないか調べることができます。また、肝臓や胆嚢以外にも、膵臓、腎臓なども併せて撮影しますので、その他の疾患についても検査をすることができます。

肝機能の数値が低い方の生活習慣改善方法

肝機能の異常の原因は様々ですので、一概に肝機能を改善するというものはありませんが、普段の生活習慣を気をつけることで、脂肪肝などは予防できますので、取り入れられる習慣から少しでも取り入れてみてはいかがでしょうか。

主食・主菜・副菜を揃えたバランスの良い食事

たんぱく質は分解されてアミノ酸になりますが、肝臓で利用されるためには8種類のアミノ酸がそろわなければなりませんので、栄養素のバランスを整えてましょう。
特に、外食するときは副菜が欠けやすいため注意が必要です。単品よりは定食を選び、コンビニでお弁当を買う際は合わせてサラダも買うことをおすすめします。
また、肝臓は脂肪を蓄える働きがあるため、高脂肪な食事を続けていると脂肪肝を引き起こしてしまいます。脂肪肝は肝炎の原因にもなりますので、食事は栄養バランスを考え、適正カロリーを守って摂るようにしましょう。

ビタミン・ミネラル・食物繊維を摂取する

肝機能が低下すると肝臓がビタミンを蓄える力も弱まります。緑黄色野菜やきのこ類、海藻類などのビタミンとミネラルを豊富に含む食材を積極的に食べましょう。 食物繊維は、腸から栄養素を吸収する時に、余分な糖や脂質の吸収を妨げ、吸着して便として排出してくれる働きがありますので、積極的に食べるようにしましょう。

良質なタンパク質を摂取する

ダメージを受けた肝臓を修復するためには良質なタンパク質の摂取が必要です。魚介類、肉類、大豆製品、卵などを食事に取り入れましょう。その際は、ベーコンやウインナーなどの加工品は摂取量に気をつけましょう。

休肝日を設けましょう

アルコールは中性脂肪を作り、肝臓はそれらを分解し処理しますが、飲酒量が多ければ処理しきれなくなりますので、節酒や禁酒によって過剰な飲酒を抑えましょう。
お酒を飲むと中性脂肪が蓄積し、胃や腸といった消化管の粘膜も荒れてきます。これら臓器の修復のために、週に2日程度の休肝日を作ることが必要です。
また、週5日続けて飲酒して2日連続で休むのではなく、2~3日飲んで1日休むという習慣をつくることがポイントです。

適度な運動

適度な有酸素運動は特に非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の改善に有効です。1日に30分以上のウォーキングやジョギングなどに取り組むことで肝臓にたまった脂肪を減らすことが期待できます。また、筋肉にはアンモニア代謝によって、肝臓の働きを補完する作用があります。ウォーキングにはストレスを軽減させる作用もありますので、通勤などに取り入れるなど、できるところからやってみましょう。

まとめ

今回は、「肝機能」の異常について説明してきました。
肝機能の異常は肝臓だけでなく胆嚢や胆管などにも病気が潜んでいる可能性もありますので、一度は受診して精密検査を受けることが重要です。
精密検査で異常がなかった場合も、脂肪肝などの予防にもなりますので、日常生活を見直すきっかけと考えて、食事や運動習慣も取り入れてみてはいかがでしょうか。

外来診療は月~日曜日まで毎日(祝日除く)行っています。
診察時間・担当医はこちらから

検査結果のみを聞きたい方は結果説明外来をご受診ください。
結果説明外来はこちら

お問い合わせ

TEL:03-3910-3438

健診会 東京メディカルクリニック
〒114-0023 東京都北区滝野川6-14-9東京先端医療モールビル内

ページトップへもどる