右下腹部の痛みについて

人間ドック・健診
画像診断センター
MENU

診断について

その他

右下腹部の痛み

腸疾患、尿路疾患、婦人科疾患が多い

右側の下腹部の痛み

考えられる病気

消化器系疾患:虫垂炎、大腸憩室炎、大腸炎、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患、大腸憩室炎、胆嚢炎、膵炎、鼠経ヘルニアなど

尿路系疾患:尿路結石、尿路感染症など

婦人科系疾患:異所性妊娠、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣腫瘍、卵巣茎捻転、卵巣出血、骨盤腹膜炎、附属器(卵管・卵巣)膿瘍、附属器(卵管・卵巣)炎など

男性疾患:前立腺炎、精巣上体炎など

その他:動脈解離、動脈瘤破裂、腸腰筋膿瘍、後腹膜出血など

消化器系疾患

虫垂炎

虫垂炎とは盲腸の先端にある虫垂といわれる部位に炎症が起こる病気で、「盲腸」といわれる病気です。最も顕著な症状が右下腹部痛で、初めはみぞおちあたりに痛みを感じ、徐々に右下腹部に痛みが現れてくるのが典型的です。
この腹部の痛みですが、へそから右腰の骨の出っ張りにかけて、右下から3分の1のところを押すと痛みを覚えます。
痛み以外には吐き気や食欲不振などの症状が現れる場合もあります。

大腸憩室炎

大腸憩室炎は消化管の壁の一部が外側にせり出した袋状の憩室に便などがたまり、細菌感染によって炎症を起こす病気です。
憩室は大腸にできることが多く、お腹の右側または右下に位置する上行結腸や盲腸などで憩室ができて炎症が起こった場合には右下腹部痛が起こります。また、発熱や憩室で出血が起きた場合には血便が見られることもあります。

炎症性腸疾患

炎症性腸疾患はクローン病や潰瘍性大腸炎など、大腸や小腸に慢性の炎症または潰瘍が起こる疾患を総称して呼びます。
右下腹部痛、下痢、時には血便などの症状はいずれもお腹の右下に位置する大腸、小腸に発症すると現れます。

尿路系疾患

尿路結石

尿路結石は30~40代の男性に多い病気で、腎臓・尿管・膀胱・尿道などの尿路に留まる結石が尿路を下っていくときに引っかかると激しい痛みを感じます。
お腹の右下に位置する尿路に結石ができたときには右下腹部痛として症状が現れ、吐き気や血尿といった症状を伴う場合もあります。

婦人科疾患

婦人科疾患は異所性妊娠、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣腫瘍、卵巣茎捻転、卵巣出血などで下腹部痛症状が起こります。
卵巣は子宮の左右に一つずつありますが、右の卵巣に異常が生じた場合には右下腹部痛が起こり、卵巣茎捻転、卵巣出血では激しい下腹部痛が特徴で早期の治療を要します。また、子宮外妊娠でも右下腹部痛が起こることがあります。

男性疾患

男性疾患は消化器疾患や尿路系疾患に比べると頻度は少ないですが、前立腺の精巣上体に炎症を起こす精巣上体炎などで下腹部痛を起こします。高齢者では前立腺肥大や膀胱結石がもともとある場合も多く、感染のリスクが増すと言われています。その他、前立腺の感染症である前立腺炎なども下腹部痛の原因となることがあります。

下腹部痛に多い『便秘症』

お腹の左下にある大腸の一部のS状結腸に便が滞りやすいことから、左下腹部痛が現れることが多いと言われていますが、右下腹部痛が生じることもあります。
便秘とは一般的に「排便が順調に行われない状態」と言われています。排便の回数の少ない場合を便秘と思われがちですが、排便の量自体の減少、水分摂取不足による硬い便が出る、排便がうまく出せない、残便感や腹部の張った感じなどが組み合わさる状態を便秘と呼びます。2~3日に1度の排便であっても、規則的にスムーズに行われすっきりとした満足感があれば、それは便秘とは言えません。逆に毎日排便があっても上記のような症状があれば便秘といえます。
毎日の生活習慣,腸や骨盤底の働きの異常,全身の病気,薬など様々なことが便秘の原因になります.偏食やダイエットにより食物繊維の摂取量が不足すると便が少なくなり便秘になりやすくなります.また体を動かすことが少ないと腸の蠕動運動が不活発になり便秘になります。
その他にも自律神経の影響で腸の蠕動運動が低下する過敏性腸症候群や大腸がんなどの病気の初期徴候として便秘がみられることもあるので、特に腹痛などを伴う場合は便秘だけと決めつけず、消化器内科へご相談ください。

受けるべき診療科

消化器内科

●消化器外科

●泌尿器科

婦人科

関連する検査

腹部CT検査 超音波検査

診療についてClinic

診療受付時間

月~金

午前 8:45~11:15
午後 13:45~17:00
夜間 17:30~19:30※

※火・水曜日は夜間診療を行っていません。

土・日

午前 8:45~11:15
午後 13:45~16:30

診療開始時間

午前 9:00~
午後 14:00~
夜間 18:00~

お問い合わせ

03-3910-3438

ページトップへもどる