くも膜下出血 前兆とmri検査・5つの前兆をチェック.頭痛等の症状は要注意。東京 北区.東京メディカルクリニック,日曜診療,夜間診察も

人間ドック・健診
画像診断センター
MENU

診断について

その他

くも膜下出血について

くも膜下出血とは

脳出血の一つ「くも膜下出血」は、発症すると死亡率が約50%と非常に高く、とても怖い病気です。処置が遅れると再出血の危険性もあり、また後遺障害などのリスクもあります。
一般にくも膜下出血は、なんの前ぶれもなく、ある日突然起こると思われていますが、最近の調査・研究から、くも膜下出血には特徴的な前兆ともいえる症状がいくつかあることが分かっています。
また、くも膜下出血は、中年期以降は誰にでも起こりうる病気だといえます。病気の特徴や、どんな人に起こりやすいのか、何をしておけばよいのかをきちんと知って対策をしておくことが重要です。
今回説明する、くも膜下出血の「症状」「前兆」「原因」「リスク」を知って、正しい対策を行うきっかけとしてください。

くも膜下出血

くも膜下出血

くも膜下出血とは?

くも膜下出血の症状


  • 激しい頭痛
  • 意識障害
  • 嘔吐

くも膜下出血が起こったときの典型的な症状は、「激しい頭痛」「意識障害」「嘔吐」などです。
特に頭痛を経験する人は多く、突然の持続する頭痛、瞬間的に痛みはじめた頭痛、バットで殴られた様な頭痛など表現は様々ですが、今までに体験した事の無い様な激しい頭痛といわれるほどの強烈な痛みが突然起こります。
ただし、頭痛をほとんど感じない例も少なくありません。「意識障害」も、比較的多くみられる症状です。
頭痛もなく、いきなり意識を失う例もあります。いびきをかいて寝たようになる例もみられます。そのほか、嘔吐や目の痛みなどの症状を経験する人もいます。
このような激しい症状が出た場合はくも膜下出血の可能性があるので、迷わず救急車を呼びましょう。
ただし、こうした症状は実際にくも膜下出血を起こしたときに経験するものでいわゆる前兆とは異なります。

くも膜下出血の前兆

では、前兆の症状とは、どういうものでしょうか。
主に下記の5つの症状をチェックしましょう。


  • 血圧が激しく上昇・下降する
  • 急な頭痛(頭痛はそれほど強くない場合もある)
  • 視力低下、めまい
  • 吐き気や嘔吐
  • 意識低下や頭の違和感(モヤモヤしたりボーとする)

くも膜下出血の前兆の特徴的な症状として、血圧が激しく上がったり下がったりすることがあります。
脳動脈瘤があり、生活習慣病がある場合には、血圧をこまめに計測して、理由に心当たりのない血圧の乱高下があったらすぐに受診してください。
その場合にもよく経験するのが、急な頭痛です。頭痛の程度は人によって異なりますが、経験する人が多いので「警告頭痛」とも呼ばれます。
前兆として起こる頭痛は起こらないこともありますし、その強さもさまざまです。
他にも、目の痛みや物が二重にみえる、まぶたが下がるなど、めまい、吐き気を感じる人もいます。頭のなかに違和感(モヤモヤしたりボーとする)を覚える人もいます。
こうした前兆症状は、しばらくすると治ってしまいます。ところが、その数日後に大きな発作を起こす例が少なくありません。
また、くも膜下出血の場合、前段階で動脈瘤から少量の出血があったり、動脈瘤が神経を圧迫したりして、軽度の症状がみられることがあります。
このような軽い症状の場合でも、なかなか治まらずに、引き続いて大きな発作を起こすことがあります。
頭の中で何か異様なことが起こっていると感じたり、前兆症状があったら、すぐに収まってしまった場合もできるだけ早く受診してください。

くも膜下出血の原因

くも膜下出血はくも膜下にはり巡らされた脳栄養血管の一部が切れる事により起こります。
そのほとんどは脳動脈瘤が原因とされていて、くも膜下出血を発症した日本人の約90%は脳動脈瘤の破裂から発症するとされています。
動脈瘤がなぜできるのかはまだよく分かっていませんが、血管の弱い部分(分岐部など)にできやすい傾向があります。
脳動脈瘤自体には自覚症状がありませんがMRI/MRA(血管の検査)による詳細な検査で発見できるため、破裂していない状態で治療が可能であればくも膜下出血の予防につながります。
なお脳動脈瘤は先天的な嚢状(のうじょう)動脈瘤、生活習慣病などによる動脈硬化が関与する紡錘状(ぼうすいじょう)動脈瘤、ストレスや動脈硬化による解離性動脈瘤に分けられます。
リスクが高い方には脳動脈瘤発見につながり、他の脳疾患予防にも役立つ脳ドックの受診がおすすめです。
一部の嚢状動脈瘤は家族発症が認められており、くも膜下出血もしくは未破裂動脈瘤が見つかった方がご家族内におられれば、発見される可能性が幾分高いと言えます。
一般的に脳ドックにて約5%の方に未破裂動脈瘤が見つかるとも言われています。
くも膜下出血はあまり男女差の無い病気ですので、男女問わず40代では一度は受けておきたい検査です。

くも膜下出血のリスク

では、脳ドックなどMRI検査で脳動脈瘤が見つかった場合は、何に注意をすればよいのでしょうか。主に下記の3つのリスクに注意しましょう。


  • 高血圧
  • 喫煙
  • 家族歴

高血圧

くも膜下出血のリスク要因のなかでも、最も一般的なものは高血圧です。
高血圧の人は、そうでない人と比較すると、くも膜下出血による死亡リスクが約3倍(男性2.97倍、女性2.70倍)も高くなります。
血圧が高いと、動脈瘤にかかる圧力も常に高い状態にあり、それだけ破裂の危険性も高くなるためと考えられています。
また、くも膜下出血の前兆である、血圧の乱高下には十分な注意が必要です。

喫煙

くも膜下出血の最大のリスクとされるのが、喫煙の習慣です。
喫煙との関連性については、さまざまな調査が行われていますが、喫煙者のリスクは非喫煙者の2.2倍~3.6倍にもなります。

家族歴

親や兄弟などの家族に、脳卒中(脳出血、くも膜下出血、脳梗塞)の病歴がある場合も要注意です。
男女とも約2倍、リスクが高くなります。

脳動脈瘤

脳動脈瘤
MRA(MRIによる動脈の撮影)によって動脈瘤の有無がチェックできる

くも膜下出血は発症すると大変な病気ですので、主な原因となる「脳動脈瘤があるか」を調べて、今回説明した「くも膜下出血」の「症状」「前兆」「原因」「リスク」を知っておきましょう。

上記のような症状が出たらかかりつけの先生にご相談下さい。
当院では、内科にご相談下さい。

お問い合わせ

TEL:03-3910-3438

健診会 東京メディカルクリニック
〒114-0023 東京都北区滝野川6-14-9東京先端医療モールビル内

ページトップへもどる